忍者ブログ
2019/06/19[Wed]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2012/12/07[Fri]
絵茶開催!
参加者は、しぐま(芋けんぴ)、茶鍋、服従のポーズ┌(^o (私)の計3人。(だから10文字しか入んないんだって)

まず1枚目。
お題…どうやって決めたんだっけ…黒バスで自由に、だっけ

左から、しぐま、茶鍋、私

2枚目。
アミダで決めることに

黄色がしぐま、赤色が茶鍋、緑色が私


左から同様に、しぐま、茶鍋、私

私の描くのが遅過ぎて、しぐまは途中退場でした。ごめん
今回も面白かったです

拍手

PR

2012/09/23[Sun]
黒バスcp混同注意!

最近絵茶ばかりしてるね!楽しいから良いんだけど!
参加者は奏ちゃん、私の計2人。

最初はアミダで決定(ゲスは私です)

奏ちゃんが音也&トキヤを引いたのでここぞとばかりに喜んでいるゲス。
私は『黒子のバスケ』の黒子さんとHSKこと高尾さん。


あったりめぇよ!


この辺からハァハァ(*´д`*)してるゲス。(ピース悔しい)


左から、奏ちゃん、私
音トキハァハァ(*´Д`)トキ音には見えませんよ。トキ音って何ですか←


2枚目
『キセキ女体化』

緑間ちゃん…奏ちゃん、黄瀬ちゃん…私
胸なんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのです。


こっから『黄瀬祭り』勃発
向かって左にあるのが奏ちゃん絵で、右辺りにあるのが私絵です。

ショタきせは奏ちゃんが描いてます。


だいぶ黄瀬を泣かすのが楽しくなっている。


わんおんわんを断っちゃう青峰


『キセキ祭り』かと思いきや『CP戦争』


…いいと思うの



突然の赤司様。



これが私なりに精一杯のです。



突然の赤司様。(2回目)


ゲスは赤司様を乱用し過ぎである。



そして突然の乳話。と、共に出される緑間終了のお知らせ


描(書)いてくれるのをテツヤ待機してる。


ということで、殆ど黒バスで終わった。
終わる頃には日付越えてたね。お疲れ様です。

拍手


2012/09/15[Sat]
またも絵茶ですよ!!
参加者はこーづき、ゆんた、シャバドゥビタッチヘンシーン(私)の計3人。

一枚目
お題は『うたプリ トキヤ』
私が即決した(´◔‿ゝ◔`)

左から、ゆんた、こーづき、私

これが


こうなって


こうなった。

ちょwwアwゴww
最後の絵になるまでふざけ倒したww


2枚目
お題『東方』
このお題は抜けてしまった子の意志を 継いだ

左から、ゆんた、ブリュレってなんだよ(私)、こーづき

私が真ん中なのは、おぜうさまだからだって!(こーづき談)


東方描いたの初めてでグーグル先生に頼りっぱなしだった。
最後の絵に”名無し”って書いてあるけど、それは私の隠されたもう一つの名です。嘘です。

ちなみに全く関係ないけど
”ブリュレってなんだよ”は”ブリュレってなんだよプリンじゃ駄目なのかよ”が
正式名です。十文字までしか入らないんね。
そして、親切な人が教えてくれたけど、プリンとブリュレの違いは
ベースの液体がプリン=牛乳ブリュレ=生クリームというところらしい。
教えてくれてありがとう

拍手


2012/09/08[Sat]
第2回 <俺がやりたい。ただそれだけや。>絵茶開催(☝ ՞ਊ ՞)☝
参加者は、芋けんぴ、アルパカ、私の計3人。
茶鍋もいたらしいけど入れ違いに。

まず1枚目。というか今回私は一枚だけ参加。
お題はアミダで決定。

芋けんぴ…HAYATO様と真斗
アルパカ…黒子とキリト
私…HAYATO様と翔ちゃん(手違いで芋けんぴとHAYATO様被ってしまった)

左から、芋けんぴ、アルパカ、私

芋けんぴは一種の芸術だよね。
凄い笑ったけどね。
またHAYATO様描いて貰おう

拍手


2012/07/15[Sun]
第1回 <俺がやりたい。ただそれだけや。>絵茶開催(☝ ՞ਊ ՞)☝
参加者は、芋けんぴ、茶鍋、アルパカ、私の計4人。

まず1枚目。
お題は『カゲロウデイズ』

左から、芋けんぴ、私、茶鍋、アルパカ


2枚目。
お題『ゆめにっき』

同じく左から、芋けんぴ、私、茶鍋、アルパカ

3枚目。
お題『ib』

同じく (ry

なんか久々で面白かった。
みんな上手過ぎだね。首と腰が痛ぇよ。
ということでここで絵茶はお開き。
私が風呂から出たら、芋けんぴと私だけで続けようと思っていたが
諸事情により出来ず。
第2回あると良いなー(゚∇゚)


ちなみに風呂から帰ると誰もいなかった時の私 ↓

名前は上の通り『俺だよ俺』で入室したので
茶鍋君の「wwだwwれwwだwwよww」が忘れられない。俺だよ

下2つは小説の表紙を模写(?)してたもの。
この小説に関してはまだ描きたいので、ここだけに留まることはないと思う。


拍手


HOME